ダイヤ14

あらすじ

愛知の強豪・西邦のエースは全国屈指の右腕、明石聖也。マシンガン打線の4番も担い、3年生として最後の夏に懸ける。対する青道は、クセ球左腕の沢村&奥村という新米バッテリー。連勝記録がストップし、スタメンが入れ替えられた今、沢村は1年生キャッチャーと共にチームに流れを取り戻せるのか──。


感想

野球は点を取られなければ負けないと言われるが、やはりそこには投手という存在が野球というゲームにどれだけ大切なのかを教えてくれているような気がする。

沢村がついに監督からお前がチームを引っ張れと言われた。この言葉は2軍選手中心の現チームを引っ張れという意味にも聞こえるが、やはり一番はお前はエース足りえる器になったことのサインのようにも思える。攻めには起点というものが存在するが野球ではしっかり守った瞬間。つまり投手が仕事をした瞬間だろう。

実力が自身に追い付いたことで鬼に金棒かと思われたが一つの問題が起きた。

責任という新たな悩みである。今までは先輩や頼れる仲間がいたからこそ好き勝手に振る舞えたが、今はその役を自分がやれと言われたのだ。

事実沢村は奥村少年にリードを任せると言いつつも、自分でもしっかり考えており何度も首を振っていた。そして今までは100球を超えても疲れを見せなかった沢村が超えてないにも関わらず制球が乱れ疲れが見て取れるシーンがいくつかあった。これは今まで御幸先輩に丸投げだった思考するという行為を1年に丸投げできないという責任から生じたものだ。何も考えずに投げていたころに比べ疲労の蓄積やストレスは比べるまでもないだろう。

ナンバーズの前の投球を原点回帰し奥村少年との信頼関係も深く試合内で築けたが、また新たな課題が見えてきた。